FP3級の勉強方法

FP3級 事務系資格

スポンサーリンク




どうも脱線おじさんです。
金融・保険業界等で有名なFP3級の合格法について取り挙げたいと思います。
この資格の魅力ってザックリ申し上げますと以下になりますね。

①金融・保険・不動産業界等で役立つ
②私生活上でも有用な情報を学べる
②知名度が高く、とりあえず履歴書に書ける

①で挙げた業界ではこの資格の取得を推奨・要求されることが多いと思います。

この資格で得られる知識は有用です。例えば保険の種類が学べるので、保険の契約で自分にあったプランを保険屋の言いなりにならずに判断できたり、割高な更新制の契約を避ける事ができます。

また、知名度が高い国家資格だと思います。日商簿記の資格と同様に、とりあえず取得して履歴書に書けば「お、自分で努力ができてる人だな」と面接でも印象を与えられると思います。

真面目に約1~3ヶ月勉強すれば文系理系問わず、独学合格は可能なのでコスパも最高です。

それでは詳細に触れて参ります。

 試験概要

 受験資格

どなたでも受験できます。学生から社会人まで受験者層は幅広いと思います。

試験日程

・5月下旬
・9月中旬
・1月下旬

年に3回、上記の日程で実施されております。

試験科目

学科試験および実技試験がございます。

学科試験

科目 出題形式 出題数 合格ライン
ライフプランニングと資金計画 マークシート 60問 36問以上の正答
リスク管理
金融資産運用
タックスプランニング
不動産
相続・事業承継

実技試験

実技試験と言っても大層な物ではないです。

問題文中の「事例」や「契約書」を見て選択肢を選ぶ形式のものがほとんどです。(私はいまだに学科と実技の試験をわける意味が理解できないくらい学科試験との違いを感じません。)

試験実施団体である「日本FP協会」と「一般財団法人 金融財政事情研究会」のどちらで受験するかによって科目が異なります。(学科試験の内容は共通)

ちなみに私は「日本FP協会」で受験しました。

〇日本FP協会の場合

科目 出題形式 出題数 合格ライン
資産設計提案業務 マークシート 20問 60%以上の正答

 

〇一般財団法人 金融財政事情研究会

科目 ※いずれか1つを選択 出題形式 出題数 合格ライン
個人資産相談業務 事例問題(選択肢式) 5問 60%以上の正答
保険顧客資産相談業務

試験時間

午前に学科試験、午後に実技試験がございます。

学科試験

2時間になります。試験時間は余裕で余ります。

実技試験

1時間になります。事例の読み込みや計算速度が遅いと時間切れの可能性あり。

合格率

学科試験と実技試験で個別にデータがあるので、それぞれグラフ化してみました。

どちらの合格率もほぼ50%以上あるので、真面目に勉強すれば合格できる試験です。

学科試験

FP3級のグラフ FP3級のグラフ

学科試験の試験問題は「日本FP協会」と「一般財団法人 金融財政事情研究会」どちらも共通ですが、グラフの通りで合格率は「日本FP協会」の受験者の方が高いですね。

その理由としては般財団法人 金融財政事情研究会での受験者は会社から命令されて仕方なく団体受験をしている割合が高いのではないかと思います。あくまで私が調べた範囲での推測ですが。

実技試験

FP3級のグラフ FP3級のグラフ

こちらも合格率は「日本FP協会」の受験者の方が高いですね。

これは学科試験と同様の理由で一般財団法人 金融財政事情研究会での受験者は会社から命令されて仕方なく団体受験をしている割合が高いからだと思います。

実技試験と言っても学科試験とそこまで合格率に差が無いことが分かります。

実際に勉強してみれば分かりますが、学科と実技で難易度の差もたいしてないです。

受験申請のやり方

申し込みは試験日の2ヶ月前くらいから受付が始まります。申込期間などの詳細は試験実施団体である「日本FP協会」と「一般財団法人 金融財政事情研究会」によって異なります。

FP ファイナンシャルプランナー FP ファイナンシャル

申請方法は電子申請が手軽でおススメです。

試験手数料

学科、実技でそれぞれ3000円になります。合計で6000円ですね。

勉強時間

FP3級の勉強時間は約80時間必要だと思います。

保険、株、法律、不動産などと学習範囲は広いです。初学者だと勉強に時間がかかると思います。

逆に業界人だったり、関連資格をお持ちの方は約50時間程度で合格する可能性もあります。

私は受験当時、「日商簿記2級」を筆頭に関連資格を持っていたので学習が楽でした。

だから私の場合は「1日平均3時間勉強 × 20日」で合格できましたが、初学者はそれより多めに見積もって勉強をした方が良いと考えております。

1日の平均勉強時間 勉強期間
1時間以下 2~3ヶ月間
2時間 1.5ヶ月間
3時間 1ヶ月間

学習期間は1.5ヶ月をおススメします。無理のない学習プランを立てましょう。

3ヶ月より長い期間の学習はメリハリが付かずにダレるので非推奨です。

「FP3級なんて簡単」という声をよく耳にしますが、試験範囲は広いので真面目に勉強しようとすると時間がかかります。

確実に合格したいなら捨て問を作らずじっくり勉強時間を設けて勉強して下さい。

勉強方法

FP3級の学習手順

こんな感じの手順でやれば合格すると思います。

インプットの段階で「簡単という噂があるのに試験範囲広いし、ヤバくね?」と思うかもしれませんが、焦らず勉強して頂ければ大丈夫です。

試験範囲は広いですが、浅い内容の出題が大半&出題形式が優しいのでアウトプットの段階は楽だと思います。

私は上記の手順で勉強して以下の成績で合格できました。
学科試験:98%の正答(59/60問)
実技試験:90%の正答

FP3級の成績

 

資格試験の勉強方法については以下の記事にまとめております。あわせてご覧になって頂けると幸いでございます。

インプット 目標理解度:30~40%

FP3級の勉強手順

まずは参考書を2周します。目標理解度を40%以下にしてるように、肩の力を抜いて取り組んで頂ければと思います。

FP3級の参考書

1周目と2周目でやっておくことは以下になります。

参考書 1周目

・分からなくても良いから最後まで読んでみる
・ザックリ全体像を掴む

途中で躓いてもスルーして最後までとりあえず読んで全体像が掴めればOK!

参考書 2周目

・各項目の暗記、各種計算の流れも理解する
・例題、確認問題を解いてみる

テキストで太字赤字になってるところを暗記してみましょう。完璧に暗記しようとすると膨大な量なので、6割くらい暗記できたらいいな程度の感覚で大丈夫です。

どこを暗記していけば得点できるかはアウトプットの段階で問題集を解いていく内に分かっていくので、この段階ではガチガチに暗記をしなくてもOK。

各ステップ、論点ごとに参考書には例題や確認問題がだいたい付属してるので、それも学習したらすぐに自分で解いてみましょう。

日商簿記の電卓

可能であれば電卓を使用する問題は、ブラインドタッチで電卓を叩いて解答できるようにしましょう。

最初は時間がかかると思いますが、慣れてきたら勉強時間の短縮&本試験でも解答速度UPとメリットしかないです。

日商簿記ほど電卓ブラインドタッチは必須ではなく、FP3級ならできなくても合格はできます。

しかし実技の試験時間は短いです。実技試験で見直し等の時間を作って安全&確実に合格したいならば、電卓ブラインドタッチによる時間短縮はできるに越したことはないです。

アウトプット 目標理解度:70~80%

FP3級の勉強手順

問題集を2~3周してアウトプットをします。

「この資格に関連する業界に勤めてる方」「関連資格をお持ちの方」は問題集を2周すれば、ほぼアウトプットは完了すると思います。

初学者の場合は余裕を持って問題集は3周しておきたいといったところですね。

FP3級の問題集 FP3級の問題集

私は問題集を2冊やり込みましたが、初学者でも1冊で充分です。

正直に申し上げて、私が問題集を2冊勉強したのは警戒し過ぎた感があります。

1~3周目でやっておくことについて、以下に示します。

問題集 1周目

・学科の部分だけやってみる
・いきなり1から解けなくてOK
・解説を見ながら問題を解いてみる

とりあえず学科の部分だけ1周してみてください。

学科が解けないことには実技の問題は解けないと思うので、1周目は学科のみで問題に慣れましょう。

最初は簡単な問題以外は解けないと思うので焦らなくて大丈夫です。

なので少し考えても分からなかったら、そのたびに解説を確認してOK。

問題集 2~3周目

・実技の問題をやってみる
・1周目と同じで分からないところは解説を見ながら解いてみる
・苦手だったり、解答に時間がかかった問題にマークをつける
・マークした部分を理解できるまで復習

学科とあわせて実技の問題も全部やってみましょう。

実技の問題は選択科目別に問題集に収録されてると思います。自分が受ける選択科目の部分だけやっておけばOK。

やることは基本的に1周目と同じです。最初から最後まで抜け目なく問題を解きましょう。

「問題形式」「論点」などで苦手だったり、解答に時間がかかり過ぎたと感じた問題はマーキングをします。△でも×でも自分で分かるマークをしておけばOK。

マークした部分が理解できるまで問題集を何回も周回するのが望ましいです。

インプット&アウトプット 目標理解度:90~100%

FP3級の勉強手順

最終的な勉強内容の仕上げです。

正直に申し上げますと、この段階をやらなくても合格できる可能性はあります。

しかし、実技試験は試験時間が短いので予想模試等で解答の精度&速度を上げておくのが望ましいです。

確実に1発合格したいなら、手を抜かずにこの段階の勉強もして下さい。

学習の進捗度によってやり方は異なると思うので簡潔に補足します。

苦手な出題を復習する

苦手分野の対策は「実技 > 学科」の優先順位で取り組んで下さい。学科は苦手分野があってもごまかしがきいてしまうし

アウトプットの段階でも苦手だったり、時間がかかった問題の復習をします。

どうしても苦手な問題を克服できなかったら、諦めずに参考書でインプットをし直してみて下さい。

予想問題集、予想模試をやってみる

FP3級の予想問題集

 

試験日の1~2週間前くらいからやってみて下さい。2週間以上前から着手するのは効果が薄いので注意です。

実際にストップウォッチとかで時間を計りながら問題を解いてみると良いです。本試験で解答と見直しができるスピードかを確認するのが重要です。

試験時間は1時間なので見直しを15分と想定すると、約45分で一通り解答し終わるのが望ましいです。

おススメの書籍

参考書、問題集、予想問題集・予想模試を1冊ずつ用意しとけば十分です。
それぞれおススメをご紹介していきますね。

おススメの参考書

FP3級はメジャー資格のため、参考書は良書が多いです。
実際に「書店で中身を確認」 or 「amazonで試し読み」して、自分が分かりやすいと思うレイアウトの参考書を選ぶのがベストだと思います。

私のおススメは「FPの学校 3級 きほんテキスト【オールカラー】」ですね。
私が実際に使用した参考書になります。

オールカラーで非常に見やすく、勉強が楽しくできます。

イラスト、図でよくまとまっており暗記や計算の流れが理解しやすいです。

私はFP2級の勉強もこのシリーズで取り組み、合格できました。とても質の高い参考書です。

おススメの問題集

問題集も良書が多いので、自分で確認してみてレイアウトや解説が気に入ったものを選べば問題ないと思います。

おススメの問題集は「史上最強のFP3級問題集」です。

過去問の選択肢を抜粋した1問1答方式で、スキマ時間でも勉強がしやすいです。

「左ページに問題」「右ページに解答&解説」というレイアウトなので、問題を解いてすぐに解答を確認できます。それゆえに学習効率も非常に高いです。

表紙に書いてある通り、本試験で90%以上の問題が解けるレベルの網羅性とボリュームがあります。

本当に良い参考書だったので、私はFP2級の時も同シリーズで勉強して合格しました。

「FPの学校 3級 これだけ!問題集」もおススメです。

紹介した参考書と同じシリーズで、セットで使うと初期のアウトプットに非常に有用です。

私は「FPの学校 3級 きほんテキスト」→「FPの学校 3級 これだけ!問題集」→「史上最強のFP3級問題集」という順番でアウトプット学習をしました。

ここまでやって予想問題集等もやっておけば90%以上の正答で合格できると思います。

確実に高成績で合格したいなら、購入を検討してみてください。

おススメの予想問題集・予想模試

問題集、参考書と同じく良書が多いです。自分にあったものを選んでいただければと思います。

私は「あてる TAC直前予想 FP3級」がおススメですね。

大手予備校のTACが分析して作成している予想模試なので信用ができます。

日商簿記の模試

私はこの「あてるシリーズ」に日商簿記、FP、宅建と色々な試験でお世話になっておりますのでおススメしたいです!

合格発表

試験実施団体である「日本FP協会」と「一般財団法人 金融財政事情研究会」でそれぞれ発表されます。だいたいホームページ上で確認することができると思います。

試験日から1ヶ月後くらいに合格発表があります。

FP3級の合格証書

無事、合格してると合格証書が郵送されます!

合格後は…

・せっかく身に付いた勉強習慣を失いたくない
・更にステップアップして関連資格に挑戦したい

上記のような素晴らしい向上意識をお持ちの方もいらっしゃると思います。
そういった方々には以下の関連資格への挑戦をおススメ致します。(上から順におススメ)

資格名 特徴
FP技能士2級 3級合格後の勢いを利用すれば効率よく取得可能!
日商簿記3級 同じく3級合格後の勢いで効率よく取得可能!
MOS 事務職を検討するならExcel等のスキルを証明するのに最適!
宅地建物取引士 あわせてとっておきたい国家資格!難易度は高め。
ビジネス会計検定3級 FPの知識があれば効率よく取得可能!

 

脱線おじさん

 

また上図を目安に、他カテゴリの資格へと進出を検討するのも良いでしょう!

 

資格試験カテゴリ一覧へ移動

以上になります。読了ありがとうございました。
読者の皆様の合格をお祈り申し上げます!! 

合わせて読みたい!資格Hacks様サイトのご案内

当サイトと合わせて、参考になると思われる「資格Hacks」様のサイトもご紹介させて頂きます!

「資格Hacks」様では様々な資格取得のための情報提供がされているため、こちらもあわせてご覧になってはいかがでしょうか。

資格Hacks様

スポンサーリンク