ビル管理士(建築物環境衛生管理技術者)合格体験記(仮)、今後について

ビル管理士(建築物環境衛生管理技術者) ビル管理士(建築物環境衛生管理技術者)

スポンサーリンク




どうも脱線おじさんです。

ちょっとビル管理士(建築物環境衛生管理技術者)試験に合格したけど、痛い目というかトラウマを植え付けられたので愚痴を書きます。

今後受験される方に少しでも私の実体験が参考になればと思います。

ビル管理士の試験結果

令和2年度のビル管理士(建築物環境衛生管理技術者)試験を自己採点148点で合格することができました。

ビル管理士(建築物環境衛生管理技術者)

117点以上で合格なので余裕に見えますが、私は科目の足切りが危なかったです。特に「建築物の構造概論」は9/15点だったので危なかったですね。

というか問題数の少ない「建築物衛生行政概論」「建築物の構造概論」「ねずみ・昆虫等の防除」は変化球どころかデッドボールというか対処のしようがない難問奇問がちらほら出題されました。科目足切り狙いが露骨すぎませんかね。。

本試験中は上記の難問奇問に翻弄されて寿命が縮みましたね間違いなく。

ビル管理士試験の参考書

ビル管理士(建築物環境衛生管理技術者)

Twitterでも言及しましたが、書籍については赤本だけで良いと感じました。

どうしても1発合格or高成績で合格したい方は青本の熟読も+αですることをおススメします。範囲が広すぎてキリがないのが問題ですが。。

ビル管理士試験の勉強方法

ビル管理士総合情報.comさんの出題傾向とポイントを熟読
YAKU-TIKさんで過去問10年分の全選択肢を理解
・赤本の解説でより深く補完学習
・足切りが怖い科目は青本、テキストで補完学習

ここまで試験勉強をやり込み、思考力を養えば合格率10%前後の難関回でも安定して合格できると思います。

ビル管理士はマイナーな資格なので、良書が少ないです。私は書籍での勉強よりもPCやスマホでビル管理士総合情報.comさんやYAKU-TIKさんでの学習が8割以上でした。この2つのサイト様のおかげで合格できたといっても過言ではないです。

「赤本をやり込めば合格できる」と提唱される方が多いと思いますが、赤本の解説は初学者には読み難く学習モチベーションが保てないと思いますね。

その点、ビル管理士総合情報.comさんやYAKU-TIKさんは初学者でも理解できるように解説が丁寧で学習がしやすいので赤本よりおススメです。

私も赤本は買いましたが、YAKU-TIKさんに載ってない解説や論点を補完する為だけに使いました。といってもあまり使ってないですが。。

ビル管理士試験時の感想というか愚痴

全180問あるわけですが、ほぼ全ての問題が5つの選択肢全てを理解していないと正答できない意地悪な感じがしました。

実質的には6時間で900問(180問×5択)の〇×作業をさせられた感じです。これはかなり神経を使いました。集中が持たなかったのかケアレスミスで3問間違えました。

「答えは明らかにこれだ!」と自信を持てた問題は3~4割程度でした。それ以外はほとんど消去法か勘に頼らざるを得ませんでした。解答速報が出るまでビクビクしてたし不合格でオワタと思いましたよ。。

過去問からストレートに出題されたのは体感で2割程度ですかね。

よく「ビル管理士は過去問やってれば楽勝」って噂にありますが、あれアテにしない方がいいですね。

新論点や変化球だらけだったので、過去問の答えだけ暗記してるような甘い勉強法では痛い目に遭うと思います。過去問の全選択肢を理解しつつ、青本等のテキストの読み込みをしてないと解けないように問題が作成されている印象でした。

電験三種やエネルギー管理士と違って科目合格制度がないのがエグい試験ですね。まあビルメン三種の神器の中では一番優しいようですけども。。

余談、今後について

ビル管理士(建築物環境衛生管理技術者)

ビル管理士(建築物環境衛生管理技術者)に1発合格できたので、今後は電験三種の勉強をしようと思います。

流石に一筋縄ではいかないので勉強三昧になります。よってブログやTwitter上の活動は時間がないので減るかと思います。

というかコロナの影響で各試験が中止になって暇になったからブログやTwitterをやっていただけというのもありますが。。

以上、ビル管理士(建築物環境衛生管理技術者)に合格したけど愚痴を吐き出したかったのでまとめました。

ここまで読了ありがとうございました。

スポンサーリンク